無題ドキュメント
東京港区の敏腕税理士に聞く!失敗しない顧問税理士の選び方 minkabu style編集部取材第1回目は…
		「失敗しない顧問税理士の選び方」

吉川

 前川先生、本日はよろしくお願い致します。早速、質問に入らせて頂きます。様々な企業の方とお話をする機会が多い税理士さんのことなので、相談の中には、現在顧問をしてもらっている先生への不満も少なくないと思います。税理士選びで失敗しないコツなんかはありますか?

 まず、私たちの税理士事務所自身も、すべてのお客様に常にベストな事務所かというと、そういうわけではありません。企業同様、税理士事務所にもそれぞれ個性があります。
例えば私達の事務所は、「より一層成長していきたい!」というお考えのお客様を支援したいという気持ちが強くありますので、そのようなベンチャー精神をお持ちの企業様との相性は抜群にいいと思います。私たち自身も、お客様に負けないよう急成長していくことで、常にお客様の二歩、三歩先を見たアドバイスもしっかりできるようにしています。
 ですが、個人経営をしていて、夫婦2人で食べていければいいというお店さんだってありますよね。その場合は、もしかしたら近所に住んでる税理士さんが月1回訪問に来てくれることがベストで、最もマッチするパターンかもしれません。この両者は需要と供給の関係がすごくマッチしていると思うんです。そこは変えちゃいけない。
そこに私たちのような比較的肉食系の税理士達が支援に入ると、上手

くいかなくなるときがあるんですよ。もちろんいいアドバイスはできるつもりですが、ちょっと刺激が強すぎるかもしれませんね!(笑)近所に住んでる先生と八百屋さんの相性がよかったら、それはそれでばっちりですよね。あくまでこれは例ですが、そういう風に選べるといいですね。

 重要なのは税理士さんと企業の相性なのですね。ということは、税理士さんを選ぶときは何人かお会いして決めることが必要ですよね。

 相性は重要なので、やっぱり何人かの税理士さんに会ってみることは大切です。しかし、相性がすべてというわけではありません。これはぜひ試してみてほしいのですが、相談にいった際、「税理士にしてほしいこと」を全部伝えてみてください。結構、みなさんできてないんですよ。50%は相性だとしても、実は残り50%の「仕事の取り決め」も重要なんです。  俺はこんなことをしてほしい、こんなサービスを受けたい、それに対してこれぐらいのお支払をしたい、というのをしっかり伝えて、相手の税理士さんは、その要求に対し自分の事務所で実現できるのか、実現できないのかを正しく回答する。業務的なマッチングが必要なんです。毎月来てほしいのか、3ヶ月に1回でいいのか、税理士に直接担当してほしいのか、担当者でもいいのか、要求に対する合意も必要です。当然たくさんの要求は顧問報酬をUPさせることになりますので・・・(笑)曖昧なまま契約を進めると後でトラ

前川

ブルになります。だから私たちは最初にお客様の要望を全部聞きます。お客様がどんなことを求めるのかをヒアリングして、私たちができることをすり合わせるんです。

取り決めを曖昧にして進めてしまう税理士さんにお願いすると、根本の要求に応えてもらうことができず、失敗したと感じられる方が多いのですね。

吉川

 よく、スタッフが沢山いるので担当者を選べます!
というのを売りにする事務所を見かけます。でも、本音はコミュニケーション能力にしても業務にしても1番の人にどこも担当してもらいたいですよね。そんなワガママを叶える事務所はないのでしょうか?

 人は十人十色なので、まったく同じというのは無理ですが、誰が行っても同じような質の高いサービスが受けられるような事務所づくりは可能です。それにはまず、事務所内での人材教育がポイントになりますね。私たちの事務所のことになるのですが、税理士法人と社会保険労務士事務所の合同勉強会や、営業の勉強会を行っているんです。事務所内の教育をしっかり行う事務所であれば、個々のスタッフの能力向上と業務のクオリティコントロールは可能だと思うのです。

 税務関係の勉強会は分かるのですが営業の勉強までするのですか? どんなことをするのか気になります。

 営業の勉強会では主にロールプレイングをやっています。私やマネージャーなどが税理士を探している社長さん役になってスタッフに口説いてもらうんです。「これから会社を立ち上げたいんです」というシチュエーションもあれば、「税理士さんがちゃんとやってくれな

くて」というシチュエーションもあります。悩みを相談して、いかに魅力的なアピールができるかというのを4人くらいのメンバーで行って、それを20人くらいで囲み、考察します。それにより、お客様の話をしっかり聞き、的確にアドバイスできるコーチング能力が身に付きます。お話を聞いてほしい社長の話はしっかりお伺いし、アドバイスが欲しい社長には多くの提案をする。そして少しでも経営者と同じ目線でお話をするということもとても重要です。何か良い節税の方法ありますかと尋ねられた場合、1つではなくいくつかの提案をしないと社長は喜ばないなど、その社長の意図を汲み取ったアドバイスを行うという教育をしています。

 なるほど。高いコーチングの能力をスタッフ全員が持っていることで、経営者とのすれ違いをなくすことができますね。

前川

いろんな税理士さんがいますが、税理士さんは経営者にとってはどんな存在であるべきだと思われますか?

 税理士の仕事は中小企業にとってはお医者様のような存在なんです。例えるならば、会社が生まれて(設立されて)、成長して、最後死ぬ(清算する)まで、伴走します。この人たちに聞けばなんでもできる、逆にこの人たち以外に相談できる人があんまりいないって思ってくれてるはず…です(笑)私の場合ですが、相続をはじめとした家族間の揉め事、社長個人の資産運用やご家族での海外移住プラン…なんでも相談にのります。
あと、経営者ってなかなか孤独なんですよ。相談できる人がいないので、そういう時って税理士ってうってつけみたいで、税理士を連れて飲みに行って、日々の鬱憤を晴らしたり、考えてるアイデアとかを話して、どう思うかアドバイスを求められたりする社長さん、たくさんいます。そういう近い距離のお付き合い、僕は好きですね。

 普段たくさんの経営者と密にお付き合いされているんですね。前川先生が携わってきた企業の中で、印象に残っている企業はありますか?

 お付き合いした時は4店舗しかなかったのにどんどん店舗が増えて今10店舗くらいになっているお客様がいるんです。そんな風に大き

前川

くなってくると管理部門が充実してきて、経理や人事の担当者が入社すると思うのですが、その会社では実は会計税務や人事労務の業務のほぼすべてを僕らが担当させていただいているんです。比較的大きい会社なのにフルでアウトソースさせてもらっているっていう形です。それくらい社長が僕らを信頼してくれて業務をお任せしてくれるのは嬉しいですよね。僕らが縁の下で支えている分、社長は店舗を増やし、売上を上げ、いい人材を採用しと、本業に全力を尽くしています。こういう税理士の使い方をする社長さんて、上手いなって思いますね。

吉川

 前川先生が、もし経営者様から「顧問税理士に不満を持っている」という相談をされたら、どのように対応されますか?

 まずはお話をしっかり聞きますね。「どういったことでお困りになっているか」というのをしっかり聞いて一個づつクリアしていけそうだったらご支援していけるかと。
 単純に料金が高いというお客様でしたら、その料金でどんなことができるかを相談します。前の顧問料が4万円だとしたら3万円にさげて、でも、メールと電話でしっかりサポートして、訪問回数を減らすなど…メールと電話でも対応できそうな範囲であれば、そのようなご提案をさせて頂いております。
 また例えば、現在の顧問税理士さんが高齢で、新しいことについていけないということであれば、私達のウリである若さを活かします。最新の税制改正についても常に勉強しているので、ついていけますから。
 また、海外で工場を作りたいといった場合でも、私達は海外に拠点もあり、国際税務についても精通しているので対応できます。税理士さんと社労士さんとがそれぞれ別のところで契約してて、この2つが連携できずにミスが起きるというケースもあるのですが、私たちの事務所では、社労士事務所も、そして法律事務所もあるので完璧なワンストップサービスが提供できます。

経営者様からの要望をひとつひとつクリアしていくんですね。

 これからも、より多くの要望に応えられるよう、対応範囲を拡大していく予定です。

 今日は「失敗しない税理士選び」ということで、お話をお伺いすることができ、税理士さんを選ぶ前に、自分が税理士さんとどのような関係でお付き合いしたいのか、どんなことをしてもらいたいのかをちゃんと整理する必要性を感じました。

 やはり、やりたいことが明確で一貫性のある社長はすごく強いと思います。自分の経営方針に沿った税理士を選べると企業としても理想ですね。

 自分の要望にどんな対応をしてくれるのかしっかりと聞き、良いパートナーに巡り合える企業が増えていくといいですよね。本日はお忙しい中ありがとうございました。

前川

汐留パートナーズ税理士法人

商号 汐留パートナーズ税理士法人
[英文名:Shiodome Partners Tax Corporation]
代表者 統括代表社員 前川研吾(公認会計士・税理士・行政書士)
所在地 〒105-0004 東京都港区新橋1丁目7番10号 汐留スペリアビル5階
電話 03-6228-5505(代表)
URL http://www.shiodome.co.jp/
事業内容 税務相談・節税対策
決算申告・確定申告
事業承継・相続税申告・遺言書作成
記帳代行・経理サポート
連結納税支援
資金繰り・資金調達支援
原価計算・管理会計導入支援
会計ソフト導入支援
各種経営相談等
会社設立書類作成
許認可関係手続・各種代行手続等 他

●汐留パートナーズグループ 汐留パートナーズ株式会社/汐留パートナーズ税理士法人/汐留パートナーズ法律事務所/汐留社会保険労務士事務所/汐留行政書士事務所/汐留海事法務事務所/株式会社汐留総合研究所